海外FXのメリット

海外FXで考えられる7つのメリット⑤最低証拠金維持率が低め⑥口座開設ボーナス⑦無料の共通プラットフォーム

投稿日:2020年1月26日 更新日:

海外FXで考えられるメリットとして、次の④つのメリットを紹介してきました。

①ハイレバレッジ
②ゼロカットシステム
③NDD方式
④約定拒否なし

ここでは、次の3つの項目(メリット)を解説します。

⑤最低証拠金維持率が低め
⑥口座開設ボーナス
⑦無料の共通プラットフォーム

海外FX・メリット⑤最低証拠金維持率が低め

FX取引では、最低証拠金維持率に基づき、一定の水準を下回った際に、ロスカット(強制決済)が実施されます。
ロスカットシステムは、トレーダーの損失をできる限り少なくするための措置です。

国内FXの場合、最低証拠金維持率が60%~100%に設定されています。
一方で海外FXは、0%~40%と、トレードに使える割合が多いのが特徴です。

海外FX・メリット⑥口座開設ボーナス

海外FXでは口座開設ボーナスも魅力のひとつです。

口座開設ボーナスを出金することは認められていませんが、口座開設ボーナスを使ったトレードによる利益を得ることは可能です。

最初のハードル(投資資金)を低めにした状態で、FX取引をスタートできるとも言えるでしょう。

海外FX・メリット⑦無料の共通プラットフォーム

海外FXの取引業者の多くは、無料の共通プラットフォーム(MT4/MT5)が採用されている傾向があります。

そのため、MT4やMT5を使いこなせるようになれば、他のFX会社に鞍替えしたとしても、それほど違和感を感じることもなく、速やかにトレードに専念することが可能です。

-海外FXのメリット

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

海外FXで考えられる7つのメリット②ゼロカットシステム③NDD方式④約定拒否なし

海外FXで考えられる7つのメリットのうち、1番最初に「ハイレバレッジ」を紹介しました。 海外FXは、国内FXと比べてハイレバレッジのため、少額の資金でも多額の利益が得られる可能性があると言えるでしょう …

海外FXで考えられる7つのメリット①ハイレバレッジ

海外FXは、比較的少額の資金からスタートできる投資です。 副業解禁が謳われことや、将来の年金問題、日本銀行のマイナス金利政策の影響による銀行の低金利などを理由として、投資に興味を持つ方も増えているので …